赤ちゃんの百日咳に関する情報まとめ

百日咳は危険な病気

百日咳は、百日咳菌が喉などの呼吸器官に感染して様々な症状を引き起こす病気です。

熱はあまり出ないが、せきが激しい

熱がでたとしても、高熱になることはありません。一方で、息をつく間もないほどの激しいせきがでます。

抗生物質の服用が治療の基本

百日咳の治療は服薬が中心です。「症状が軽くなった」、「下痢がかわいそう」と言って、抗生物質の服用を止めるのは絶対にNGです。百日咳の細菌が再び増殖しないよう、処方された薬は必ず飲みきるのが鉄則です。