インフルエンザに関する情報まとめ

インフルエンザは危険な感染症

インフルエンザウイルスによる感染症です。症状が重く、子どもは死亡する場合もありえる危険な病気です。

乳幼児は合併症リスクが高い

乳幼児は抵抗力が弱く、気管支炎、肺炎、中耳炎、インフルエンザ脳炎・脳症などの合併症リスクがあります。

薬による治療は医師と相談を

症状軽減のための抗ウイルス薬や、合併症予防の薬が処方されます。ただ、小児への安全性・有効性が未確立の薬が、医師の判断で処方されることもあります。副作用の可能性を医師にきちんと確認し、子どもの様子をしっかり見ましょう。