赤ちゃんの細気管支炎に関する情報まとめ

気管支の先端に炎症が起きる病気

細気管支炎とは、気管支の先端に炎症が起き、呼吸に支障をきたす病気です。酸素や二酸化炭素を交換する肺胞とつながっているので、悪化すると肺炎になるリスクがあります。

50%以上がRSウイルスへの感染

細気管支炎は、ウイルスが深部まで侵入することで発症します。原因となるウイルスはいろいろありますが、最も多いのがRSウイルスへの感染です。

特効薬はない

ウイルス性なので特効薬はありません。対症療法を施しつつ、症状がひどい場合は入院して治療します。