子どもの気管支ぜんそくに関する情報まとめ

気管支ぜんそくはいわゆる「ぜんそく」

気管支ぜんそくは、気管支に傷や腫れができて炎症が起き、空気の通り道が狭くなる病気です。

ぜんそくの症状・発作

ぜんそくにかかると、呼吸がゼイゼイ・ヒューヒューと音がしたり、苦しそうに呼吸をします。また、呼吸困難になる発作が起こります。

気管支ぜんそくは診断が難しい

症状が風邪や気管支炎などと似ており、「気管支ぜんそく」の診断は難しく、さまざまな要因を考慮してから診断されます。子どもの呼吸がおかしい場合は、必ず病院ヘ行き、診断してもらって治療法を相談しましょう。