赤ちゃんの急性気管支炎に関する情報まとめ

合併症でよく起きる病気

急性気管支炎は、突発的に気管支の粘膜が炎症を起こした状態になる疾患です。風邪などのウイルス性の病気にかかった時に、気管支の粘膜にウイルスや細菌が侵入して起こります。

風邪のような症状

せきや鼻水が数日続き、炎症が気管支まで広がると、痰がからんだようなせきが出ます。

すぐに病院へ

重症化すると、細気管支炎や肺炎を引き起こします。特に2歳未満の子どもは、重症化しやすいので、以下の症状がみられたら病院に連れて行くことをおすすめします。